サトウ式耳鳴り・難聴・めまい改善術 佐藤信雄 治療 効果TOP > 耳が原因の耳鳴り・めまい > 耳の役割と仕組み

耳の役割と仕組みについて

 
耳の構造は大きく3つに分けられ、外耳、中耳、内耳からの構成で出来ています。


そして内耳は、耳の一番奥にあり、「蝸牛」「三半規管」「耳石器」があります。
蝸牛は聴覚、三半規管、耳石器は平衡感覚をになっています。


そして、三本の管(半円形)から三半規管は出来ているのですが、その中はリンパ液でいっぱいです。


体を動かすと、この三半規管のリンパ液がが移動し、その液の流れの変化により体の回転など動かしたのを三半規管が感知します。
一方、耳石器は重力や体の傾きなどを感知しています。


そして、三半規管と耳石器の情報が前庭神経から脳幹を通り小脳に伝わり、これらの情報を元に私たちの体のバランスなどの平衡感覚は保たれています。


その為、めまいは平衡感覚を保つ三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、小脳までの間に何らかの異常が起きると平衡感覚が保てなくなりめまいが生じます。


耳は、音を聞く聴覚だけではなく、体のバランスなどを保つ平衡感覚を保つ役割を果たしています。


サトウ式耳鳴り・難聴・めまい改善術の公式サイトはコチラ



耳が原因の耳鳴り・めまい記事一覧

耳の役割と仕組み

耳の構造は大きく3つに分けられ、外耳、中耳、内耳からの構成で出来ています。そして内耳は、耳の一番奥にあり、「蝸牛」「三半規管」「耳石器」があります。蝸牛は聴覚、三半...

めまい、耳鳴り、難聴が同時に起きる理由

めまい、耳鳴り、難聴が同時に起きやすいことが多いのは何故でしょうか?耳から入る音は鼓膜に伝えられ、鼓膜が振動し中耳にある耳小骨で大きくなり内耳にある蝸牛に伝えられます。...

メニエール病の症状

メニエール病の症状として良く知られているのは、前ぶれもなくある日、目がぐるぐる回る激しいめまいの発作がおきることです。その他の症状としては、耳鳴りや難聴がどちらか一方の...

メニエール病の治療

メニエール病の治療は、一般的には薬物療法が行われます。主なものには、抗めまい薬や決流改善薬、ビタミン剤などを組み合われて用います。それ以外にも、利尿薬も内リンパ水腫...

突発性難聴の症状

突発性難聴の症状をご存じですか?一見すると、初期症状はメニエール病と症状が似ていますが、片方の耳がある日、突然、聞こえなくなる病気で、原因がはっきりしていない、このよう...

突発性難聴の治療

最新の突発性難聴の治療研究では、内耳神経に酸素などを送る血管に何かしら異常が起きる内耳循環障害説とは別の原因として、帯状疱疹ウイルスの抗体価が患者さんに例外なく高いことが分かってい...

良性発作性頭位めまい症

耳の異常によるめまいで最も多いと言われるのが、耳鳴りや難聴を伴わない良性発作性頭位めまい症です。朝起きた時や寝返りを打った時、洗濯物を干そうと上や下を向いた時など特定の...

外リンパ瘻

外リンパ瘻とはどんな病気かご存じですか?外リンパ瘻は、何らかの原因で内耳窓という内耳と中耳を仕切っている膜が破れ、中耳に内耳の外リンパ液が漏れだす病気です。...